ろびろびQ

家猫&外猫の日常♪

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

れば・れば

1_20171231064706e90.png



2_20171231064707d43.png



3_20171231064709b66.png



4_20171231064710d79.png



5.png



6.png



7.png



8.png



9.png



10.png



11.png

うさちゃんろびのことよろしく頼むね。





11月19日夜のろびです

これがあのコを撮った最後の写真となりました。
(以下3枚、3枚目は昼撮影)

IMGP2610.jpg


この数時間後に突然、息むものの水状の便だけが出続ける状態となり
翌日病院へ便のかき出しに行くものの今度はお尻の出血が止まらず
立ち上がることも困難な状態で

その翌日、帰宅後階段下に倒れているのがみつかり緊急入院するも
低体温症で22日未明に息を引き取りました。



あの日から私の頭の中は「たら・れば」
いや、「れば・れば」でいっぱいで

IMGP2612.jpg


7月中旬にしこりがみつかったとき、腫瘍医の夏休み明けなんか待たずに
とっととセカンドオピニオンを受けて分子標的薬の使用を開始していれば
あそこまで腫瘍が成長することもなく
腕も浮腫まず歩行が困難になることもなかったかもしれない。


10月健診で貧血気味(腎性貧血ではない)であることが判明したときに
獣医師の言う「要治療の数値」に関係なく治療を開始していれば
食欲が落ちることもなく、階段から落ちたあとも自力で玄関マットの上など
暖かい場所に移動することができたかもしれない。


何よりあの日、私が先を予測してろびをケージに入れるなりしていけば
今もそばにいてくれたんじゃないかと思うと悔しくて情けなくて

おまえ(私)はバカかと、今まで一体何をしてきたんだと。

IMGP2608.jpg


ろびを負担に思ったことはないんです。
ただ一緒にいたかった。


終始、肉球いっぱいに汗をかいて診察台にしがみつきながら
おとなしく診察を受けている姿や
口を開けただけでアウアウしちゃうほど投薬が苦手なコが
がんばって耐えてくれたのを間近で見てきたから

その努力になんとか応えてやりたいと、それだけだったのに
どうしてこうなってしまったんだろう。

IMGP4379.jpg


いただいているコメントに返信ができず、すみません。

みなさまに気を遣わせてしまってホント申し訳ないなと思いつつ
小さなブログだし、ほぼ初期からの読者さんや内輪だけでやりとりしていると
思っていたので
思いがけずいろんな方からコメントをいただいて感謝しております。

どうもありがとうございました。

IMGP4411.jpg


宣言通り本日をもって更新は終了します。


どのコもみな分け隔てなく愛情を注いできたつもりだけれど
ろびは闘病があった分、お耳1個分だけ特別で

そんなコを納得できない形で失ってしまったこと
最後におなかいっぱいで送り出してやれなかったこと等々

ろびに対して申し訳ない気持ちがあるまま、自分が許せないまま
どうして笑うことができようと。


この感情は無理に理解してもらおうとは思いません。


20170823.jpg

ただ、更新は今日で終了しますが
ブログ自体は当面はこのまま残しておくことにします。


データ保存はほとんど終わっていてあとはFC2を退会するだけなのですが
猫ブログという大樹の葉っぱの1枚でしかないこのブログでも
日々訪れることを楽しみにしていてくれる方がいたり
残してほしいというお声もいただいたり

何よりろびと同じ病気で闘っているコにこのブログが少しでも役立てればと。



ブログ開設初期の頃から見守ってくださっている方が手紙に
「たくさん後悔してもいいと思うし、たくさん自分を責めてもいいと思う」と
たぶん私が一番聞きたかったであろうことを書いてくださって

なので、これからろびにたくさん謝って謝って謝って謝り倒して
もしまた再開できそうな日が来たらそのときは今いるメンバーで
それでもダメなら今度こそおさらばということで。


20151106.jpg

ろびの優しくおおらかな性格がよく表れていて遺影の一つにも選んだ写真です。


今後もし店屋物を頼むことがあったら、ぜひ来々軒に注文してやってください。

そして、ちょっと太めでつぶらなしとみのキジ猫が届けに来て
途中つまみ食いをしている形跡があっても
速やかに再配達しますので怒らずにいてやってくださいませ。


今まで当ブログをご愛読くださり本当にありがとうございました。

これからの皆さまのご多幸を心よりお祈りしております。



  
※1月1日をもって両ランキングを退会しました。応援ありがとうございました
スポンサーサイト

| ろびんとぽっけ | 10:19 | comments:15 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今日の猫たち(動画あり)

今日は朝から今年最後の外猫毛布のお洗濯。

ジャブジャブ洗っていると朝食を食べ終えた順に猫たちが表に回ってきて

いつもなら真っすぐ自テリトリーに帰ってしまうプチかーさんも珍しく居残って
へっぽこサンルームで一休み。


IMGP2954.jpg


IMGP2961.jpg

このあと何度もサンルームから出てきてはおやつを要求する彼女
(私、手泡だらけなんだけど)

結局クリスピーキッスを3袋(小袋)たいらげてようやく満足して帰っていった。


元旦に恒例の体重測定が控えてるんだけどいいのかしら…。


IMGP2958.jpg

一方こちらもクリスピーキッス1袋じゃ足りないとそばを離れず
+1袋で手を打ち裏の物置ベッドへと引き返していった白黒い御方。

IMGP2967.jpg

表のほうが全然暖かいんだけど、彼はやっぱりあのベッドが好きみたい。


そんな彼の最近のお気に入りは「メディファス18歳から・まぐろと若鶏ささみ」
のパウチで、ぽっけ用に買ったものの少ししか口をつけてくれないため
試しに彼にあげてみたら毎朝完食、お皿ピッカピカ。

おかげで薬もサプリもしっかり摂取できて、それで今とても調子が良いのだと思います。



さて、ひとり庭に残ってしまったボーちゃん

IMGP2998.jpg

母親と兄貴分はデザート後さっさと引き返してしまったけれど
ボーちゃんにはもう一つおねだりしたいものがあって…


それは



IMGP2995.jpg

そう、大好きなおもちゃ遊び。


でもまだ洗濯の途中、「ごめんボンちゃん、またあとで」と
じゃらし棒を放っておいたところ・・・


なんとひとりで遊び始めた。


動画9秒(周囲の音が少し出ます)


泡手て、じゃなくて慌てて洗濯の手を止め動画を撮る私。
(防塵防滴タイプのカメラでヨカッタ)


その後も少し休んでは

IMGP3014.jpg

ひとりで「うりゃー

IMGP3015.jpg

ひとりで「あちょーっ」と

IMGP3016.jpg

なんともカワユイ我が家の末っ子なのでした。


IMGP3021.jpg

出血大サービス。



こちらは今日ではありませんが直近のぽっさん

食事台の下に顔だけ潜らせて眠っていたと思ったら突然伸びました。

IMGP2937.jpg


何が起きたのかは彼女のみぞ知る。



  

| 外猫たち | 16:00 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Memories 4

気持ち良さそうに眠るコだったので撮る写真も寝姿が多く

【2016~2017】
20161229.jpg

寝息(イビキ)も普通に「すーすー」のときもあれば
「ぶっ…ぶっ…(または、ぶおっ、ぶおっ)」と重低音だったり
「ぴ~ひぃ~~」と尺八のようだったりと独特で

聞いているだけで楽しかった。


撮影日不明(たぶん2016)


20170505(2).jpg


20170505.jpg


20170811.jpg


20170908.jpg


20170910.jpg


20170916.jpg


20170804.jpg


20170323.jpg


20171008.jpg


とろけるろび

お気に入りの一枚。



※申し訳ありませんが記事作成に時間をかけるためコメントの返信ができません。
それでもよいという方のみお願いします(スミマセン)



  

| ろびんとぽっけ | 06:29 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Memories 3

携帯からご覧いただいている方、枚数が多くてすみません。
もう少し続きます。


【2015年10月】
20151005.jpg

‘ハロイン’といえば定番のカボチャのかぶりもの。

20151005(2).jpg


【2016年10月】
20161022.jpg

二度目の手術(肥満細胞腫・皮膚拡大切除手術)を終えて退院し
数日ぶりに兄妹そろって夕食。

20161026.jpg

皮下に水がたまらないよう二週間もの間ギチギチに包帯が巻かれた状態でしたが
文句も言わずに自分でできることは自分でしようとする、そんな努力のコでした。



包帯がとれたあとは「菅原ろび太」に。

20161104.jpg


20161104(2).jpg


めろんちょ☆
20161028.jpg
お気に入りの一枚、食後の「めろんちょ☆」


20161201.jpg


20161201(2).jpg
ろびの、この‘クシャっ’とした表情が好きでした。
これもお気に入りの一枚です。


20161209.jpg


20161223(2).jpg


20161216.jpg


一年前のろびぽ朝食風景。

タイムマシンがあったら。



※申し訳ありませんが記事作成に時間をかけるためコメントの返信ができません。
それでもよいという方のみお願いします(スミマセン)



  

| ろびんとぽっけ | 06:29 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Memories 2

カリカリ計量のチェックはろびにとって重要な仕事

一粒でも多くもらえるようにと、いつもつぶらなしとみで真剣にお皿をみつめていました。


【以下すべて2015年撮影】
20150514.jpg

また、言葉をよく理解するコだったので計量しながら『いっぱい食べる?』と聞くと

20150604.jpg

あの濁点付きの声で、目をキラキラさせながら返事をしてましたっけ。



20150516.jpg
私が【充電】と呼んでいた寝姿


20150527_20171226200458b02.jpg


20150625_20171226200500ec7.jpg


20150629.jpg


20150905(2).jpg
(`・(ェ)- )


20150905.jpg


20151001.jpg


20150918.jpg


かぶりものも得意でした。

何をしても怒らないコだったから、いろんなヅラをかぶせては遊んでいました。



※申し訳ありませんが記事作成に時間をかけるためコメントの返信ができません。
それでもよいという方のみお願いします(スミマセン)



  

| ろびんとぽっけ | 06:29 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。