ろびろびQ -R-

家猫&元外猫の日常

2008年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

あちきは黒白。ハクビシンじゃないのよ。

2002年の12月。
小雪が舞い散る空き地で、1歩進んでは後ろ足についた雪をプルプル。
また1歩進んではプルプルと、途方に暮れた様子で歩いている1匹の子猫が
いました。

凍えそうなほど白く冷たい大地に、食べるものもみつからない。
『どうしよう・・・あちき、これからどうしたらいいんだろう』

その子猫が住み暮らしていた空き地は食品店の裏手にあったため、
猫がいることを嫌った従業員たちから、毎日のように石や中身が残っている
缶コーヒーを投げつけられていました。
『当たったぞ!』
『チッ、よけられた!』

それでも子猫はめげずにバッタや鳥を追いかけ、ガリガリの体で何とか命を
つないでいたのです。
子猫が唯一嬉しかったのは、時々こっそりエサをもってきてくれるオバチャンが、その食品店にいたこと・・・。
『ほら、ベン。早く食べな!』
従業員トイレの側によく現れたため、いつしかみんなに便所の“ベン(便)”なんて
不名誉な名前で呼よばれるようになってしまったけど、そんなことはどうでもよかった。
とにかくおなかがすいていた。
だからオバチャンがくれる、わずかなエサが本当においしかった。


それから数ヶ月・・・冒頭のシーン、子猫にとって運命の日がやってくる。

トボトボと歩を進める子猫の後姿を見つめながら、オバチャンは言った。
『・・・うちに来る?』


子猫は嬉しかった。
あちき、オバチャンちのコになりたい!
雨や風を気にしなくてもいい場所で、ゆっくりと眠りたい!
もう、バッタはあきたよ。
石も缶コーヒーも、投げられるのはいやだ。
あちきを・・・家族にして下さい!


あれから6年。
子猫はベンから『ジュリ』となり、先住猫の『める』と一緒にオバチャンちで楽しく暮らしています。
あ・・・、もうオバチャンじゃなかったね、お母さん。
ジュリを保護した当初、「まーったく、すごいニオイだったんだよ。いろんな物を投げられたから体中に汚れがこびりついて全然落ちないの!3回も洗っちゃった」なんてぼやいていたけど、
本当は何度も何度も、ジュリを引き取ろうかと悩んでいたんだよね。
めるがまだ子猫だったこともあり、すぐにジュリと打ち解けたけど、
今じゃジュリのほうがボスだよね~(笑)

すっかり家猫らしくなったジュリですが、いまだに元・野良の血が騒ぐのか、
しょっちゅう脱走はするし、カラスとケンカもするし、時々トカゲを持ち帰ってきては冷蔵庫の下に隠し、のちに発見した母を驚かせているようです(^^;)

クールで1匹狼で、だけど情に厚く、めるが他の猫にいじめられていると助っ人に入るジュリちゃん。
「単に自分がケンカしたいだけだよ」と母は言いますが、私はそうは思いません。
幼い頃いじめられた経験があるジュリだからこそ、不器用ながらもその陰に優しさが見え隠れしてならないのです。
だから私はジュリが大好き。
母の猫になってくれてありがとう、もう一度人間を信じる決心をしてくれてありがとうと思うのです。


・・・さあ、ジュリちゃん。お待たせしましたって、皆さんにお顔を見せてあげて!





~ハァ・・・、脱走はまた今度にして下さい。(やれやれ。^^;)

| 旧ブログ(yahoo H21年1月) | 15:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ポク、めるちゃん。



この、ブドウの箱に入っていた梱包材でかくれんぼをしている男の子は『める』といいます。
私の母の猫です。

2002年の9月1日、地元の犬猫譲渡会に出されていたところを、ちょうど先代猫を亡くして
悲しみに暮れていた母が、もう一度猫と暮らす決心をして引き取ったコです。

洋猫の血が混ざっているようですが、れっきとした(?)MIXで、青い首輪を着けていても
女の子と間違えられてしまいます。
まあ、すでにオカマちゃん(去勢済)なので、ある意味間違ってはいないのですが・・(笑)

性格はイマイチよくわかりません(^^;)
このコの周りだけ時間の流れがゆっくりなのか、いつもボ~ッとしている“フシギくん”なんです。



   める「これがポクの仕事ですから」
      ・・・ハァ、仕事・・・(?)


   ・・・パンジーだと思いますよ。


おっとりでのんびり。
ちゃーちゃん(お母さん)のヒザの上が大好きで、大きな(というか全体的に長い)体で
どっこいしょ♪

同居猫で野良出身のジュリちゃんに、“ニャン生とはなんたるか”を教わりながら、毎日ボ~ッと
・・・いえ、楽しく過ごしています。
そんなめるも、7月15日で7歳。いよいよシニアの仲間入りです。
さあ、めるちゃん。皆さんにひとことどうぞ!

める『えへへ・・・ポクのこと、よろしくです。ボ~ッ・・・』

やっぱりボ~ッ・・・かいっ(笑)

| 旧ブログ(yahoo H21年1月) | 14:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |