ろびろびQ

家猫&外猫の日常♪

2017年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

セカンドオピニオンと分子標的薬(前編)

再発したろびの左脚付け根の腫瘍について
21日(木)にセカンドオピニオンを受けてきました。


セカンドゴアン(つまりおかわり)の前にファーストゴアンを見つめるオイラ
1_2017092323211166b.jpg
分かりづらいうえにややこしいがな


地元にある小さな病院ですが、院長、副院長(ご夫婦)ともに
獣医腫瘍科認定医2種の資格を持つことは以前から聞き知っており
一度受診してみたいと思いつつもなかなかキッカケがなく。
(かかりつけへの遠慮もありました)

でも、今回ばかりはかかりつけの対応の悪さというか

最初に「温熱療法でいきましょう」とこちらに期待を持たせておきながら
次に行ったら「やっぱり患部が自壊するまで様子見しましょう」と
受診のたびに治療方針が二転三転、のらりくらりとかわされ続け
その間にもろびの腫瘍はどんどん大きくなり。

7月の発見当時は1.5cmだったしこり(現・腫瘍)が今や5cmを超え
もうすぐ6cmに届きそうなのに、それでも何もせずに様子見しろということは
はなっからさじを投げてるのかと、そでれ吹っ切れて。

今回の病理検査も私から言い出してやってもらったものです。
かかりつけは腫瘍の特定もせずになんの治療をしようとしていたのか。

2_20170923232113eed.jpg
現在のろび:画像左肩の白い部分全てがほぼ腫瘍だと思ってください


セカンドオピニオン先の院長先生は持参した過去の病理診断書に目を通しながら
麦芽ジュースで海馬が委縮してしまった私にも実にわかりやすく説明してくださり

そこで知ったのは、ろびの現状があまり良くないこと。

通常、猫の皮膚型肥満細胞腫は良性の挙動をとることが多いのに対し
ろびの腫瘍は異型性を増す非常に悪性度の高いものであること。
(このことについてはREAD MOREにて詳しく書きます)

このままかかりつけの言う「腫瘍の自壊」を待つとなれば最終的に断脚しかないこと。
既に左前脚の浮腫(腫れ)でその兆候が見られること。

そして断脚をせずに腫瘍を温存したいのであれば、温熱療法をするよりは
分子標的薬のほうが多少なりとも効果に期待が持てることなどなど。


院長先生は温熱療法を否定しているわけではなくて
ただ、やってみて効果があったらラッキー♪程度のもんなんだそうです(^^;)


事前に電話で「これこれこういう訳で…」とアポをとってから行ったものの
待合室は診察待ちの患者さんでいっぱいで
うちも受付から会計まで3時間近くかかりましたが
そんな中でも本当に丁寧に対応してくださった院長先生。

それまで8割以上ちんぷんかんぷん??だった病理診断書が
院長先生の説明を受けてからは「ほぼ丸わかり」になったくらい(笑)

同時にその内容(意味)を知って苦しくなったわけでもありますけど。


そしてセカオピ先の院長先生のアドバイスを胸に
昨日土曜日、かかりつけへと行ったのでありました。


─つづく─


*** ランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします ***
  

≫ Read More

| ろびん(肥満細胞腫・糖尿病) | 08:50 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |