ろびろびQ -R-

家猫&元外猫の日常

2019年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

自作猫用品×3

今の家に越してきたとき、家具・家電等に出費がかさんだ分、
猫用品に関してはできるだけ手作りしようと固く決めていました。

・・・いや、固くはないけど普通に「作ろっかなー」くらいには思っていました。


・・・・・・すみません、本当はちょっとネットで検索しました(^_^;)
(でも高いからやめたけど)

IMGP5432.jpg
手作り!\( ̄Д ̄)/


まずはボーちゃんの後方、男子部ベランダ側にある脱走防止用フェンス。

材料は全てダイソーでそろえて合計で2268円也

【内訳】
・ワイヤーネット(ワイド)200円×6枚=1200円
・突っ張り棒(長さ忘れた)300円×2本=600円
・結束バンド長短1袋ずつ計200円
・傷防止用フェルトシール(突っ張り棒に貼る)100円
・消費税(8%)168円



IMGP5211.jpg

お次はゲート。

これは私の留守中にクロチボンぽっけのいる寝室へ行かないようにするため。
なぜなら、ぽっけの置き餌を食べてしまうと困るから。

ネットで送料込2000~3000円くらいのがあったんだけど
小型犬用で幅や高さが足りないため、こちらも自作することに。

材料調達はセリア(フェンスとは別の日に作製)で
結束バンドと傷防止用フェルトはダイソーで購入した残りを使用。

支えの脚パーツを何で作ろうか悩んだのですが
ちょうど穴開きのブックエンドが売っていたのでその穴に結束バンドを通して
ワイヤーネットに固定しました。

合計1296円也

【内訳】
・ワイヤーネット(ワイド)100円×4枚=400円
・ワイヤーネット(スリム)100円×2枚=200円
・ブックエンド100円×6枚=600円
・消費税(8%)96円

※ワイヤーネットはセリアのほうが安いけれどダイソー製よりもやや細めの作りのため
脱走防止用のフェンスを作るならダイソー製のほうが良いかも。




3つめは夏用猫ベッドです。

満員御礼(あとから来たのはボボン)
IMGP5364.jpg
さすがに冬用のドーム型ベッドを作る技術は持っていないためそちらはホムセンで購入

ダイソーで買った座布団を筒状に丸めて縫うだけのチープベッドですが
男子部には好評で、それならばと座布団を追加購入し
(でも同じ色柄のがなかった)

ひたすらチクチク、チクチク…たまに自分の指を刺して

チクチク、チクチク…

するとどうでしょう。


ジャーン♪
IMGP5593.jpg
クロチ「・・・これでやっとゆったり寝られま…」


IMGP5667.jpg
クロチ「せんでした(ズビ)」

残念だったな(笑)


かかった費用はベッド2個分で合計1296円也。

ちなみにバスタオルがかけてあるのは鼻炎・口内炎持ちのクロチの鼻水とヨダレで
ベッドが汚れるのを防ぐためで

IMGP5610.jpg

決していい加減な縫い目を隠そうとしている訳では
ありませんので。



(・・・だって途中で縫うの疲れちゃったんだもん)


市販品のフェンスは軽く1万円を超えるし、ゲートもベッドも数千円することを考えれば
上記3点で5000円以内に収まったのはコスト削減としてはまずまず成功と言えるでしょう。


・・・見た目はともかく ( ;・`ω・´)


脱走防止用フェンスは脱走されなければよし。
ゲートも跳び越えられなければよし。
ベッドは寝られればよし。


浮いたお金は猫たちの医療費に、それが私流。



【おまけ】
ラグマット洗濯中の男子部屋にて。
○I○I

あ~惜しい!

ガリガリサークルがもう1個あれば○|○|(丸井)になるのに。


主さま「くだらないこと言ってないでサッサとお掃除の続きをなさい!」
IMGP5616.jpg


へーい( ̄ε ̄;

| 家猫(2018.10-) | 06:29 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |