ろびろびQ

家猫&外猫の日常♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

そりゃあ親子だもの

プっちゃんを迎えに行ったら既に来ていた之図。
(よくあること)

来てるなら来てるって言ってくださいよ~(うな)
帰還いたしました
そうだど おかーさん

この先の兄ちゃんずボーちゃんの動きにご注目。

分かれ道

プっちゃんをチラ見してよけるうさちゃん
プっちゃん目指してずんずん進んでいくボーちゃん

プチをよけるうちゃぽ

ボーちゃん、しっぽピーン!でプっちゃんのもとに到着。

トラ坊はおかーさんがいてイイなぁ~

そんなボーちゃんを「えっ?プチかーさんが怖くないんですか!?」という顔で
ガン見する兄ちゃんず(笑)

そりゃあ親子だからね。


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

「たまちゃん、足ケガしてるみたいだよ」

ちょうどこの写真を撮っているところに近所のおばさまが通って
そう教えてくれた。

よく見ると確かに右前脚を上げている。

右前足が痛いらしい

とそこへ、今度はたまおじさんが自転車に乗ってやってきて

「あの黒いの(猫おばあさん宅のクロちゃん)に追っかけられてとう、
おらん(俺は)こいつがケガでもしとうじゃねえかって」

と、プっちゃんの1mほど手前でキッと自転車を止める。

あごをナデナデちう

どうやらたまおじさんもおばさまも、プっちゃんがびっこを引いているのを心配して
様子を見に来てくれたらしい。

軽くヒョコヒョコする程度だったので
「大丈夫、これくらいならすぐに治って明日の朝には元気に走り回ってますよ」
と私が言うと

二人とも「よかったよ~」とニコニコ。

あご汚れてるな~

なんかちょっとうれしかった。

普段こちらの目が届かない場所で生活しているプっちゃんのことを
こうして私の代わりに見守ってくれている人がいる。

「たまちゃん、今日は一度も見てないよ」
「おう、今朝っからこの辺飛び回ってとう」
「さっき○○の辺りを歩いてた」
「顔が真っ黒だった」

会うたびにプっちゃんの様子を教えてくれる。

目でっかいな~

よかったね、プっちゃん
あまりみんなに心配かけるんじゃないよ。

これぞ夕焼けニャンニャン(古い)


*** ランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします ***
  

| 外猫たち | 07:53 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT