ろびろびQ

家猫&外猫の日常♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

なおちゃんのごはん

現在なおちゃんが痙攣を抑えるために服用している薬は2種類。
これを1日2回、少量のウエットフードに混ぜてカリカリと一緒に与えている。

なおメニュー

薬入りでも無問題ななおちゃんは、湯煎で温めたウエットを手に私が保護部屋に入ると
もう、うれしくてうれしくて「ぷるぷる」言いながら足元にまとわりついてきて

薬を混ぜている間も私の周りを8の字を描くように走りながら「はやく~~」と催促。

まぐまぐまぐまぐ))
これぞ猫まっしぐら

入院していたとき、強制給餌から徐々に自力でごはんが食べられるまでに回復したものの
「食べたい」という意思に体の動きがついていかず、ごはんだと思って一生懸命器の縁を
噛んでいたこともあったそうだ。

それでも食べたい一心で器に向かい、顔でさぐるようにしながらごはんを食べていたという。
当然なおちゃんの周りは飛び散ったごはんで汚れるわけだが、動物看護士さんは
「自分で食べようと努力している結果ですからいいんですよ」と。

今はもう、器の縁を噛むこともない。


なおちゃんには薬のことを「元気が出るふりかけ」と説明している。
おかげさまで、ほら

うぉぉぉ~~~~
こっちもブレブレ~~

蝶のように舞い

にゃぁぁぁ~~~~
ブレブレ~

蜂のように刺し

待って~~~~=З
キミは本当に猫なのか?

二本足でおもちゃを追いかけるくらい、とにかく毎日元気(笑)


・・・ふう。なおちゃん疲れた
ふう

むむっ
左下にMapo指
指トコトコ~~))

今日の夜で飲み薬がなくなるので、会社から帰ったらなおちゃんを連れて通院へ。

子猫のうちは日々成長するので、成猫になって体重が落ち着くまでは
体重に合わせて薬を調合してもらう必要があるのだ。
もちろんなおちゃんには「元気の出るふりかけ」をもらいに行くということにしてある。


【おまけ】
少しずつリフォームも進んでいるようで

小さな耳が出来た(笑)

小さな3つ目の耳が増えていた(笑)


*** ランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします ***
  

| 保護猫 | 07:40 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT