ろびろびQ

家猫&外猫の日常♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

真っ黒親子と鼻水兄弟

昨日は一日、気温はそこそこ高いのにほぼ曇りという変な天気で・・・

洗濯物を取りこみながらふとお隣さんちの駐車場を見ると
ボーちゃんシューちゃん(仮名)が。


1お隣さんちにて
あ、おばちゃん!


最近は私を見るとこんなふうに走って来てくれるシューちゃん


スッタカタッタッターーっ=З
2呼んだ~~?


で、玄関を開けると・・・


3なんだか新鮮
こうちゃんがお散歩で欠席なので代わりにシューちゃんがおやつを食べるそうです(うな)


こんな光景も最近は珍しくなくなってきた。


4おなか見ないで


その後、プチかーさんを迎えに歩き始めると
シューちゃんもやっぱりついてきて


フンガフンガ))
5茶色コンビ
どーした?シューちゃん


誰かのマーキング臭でもしたのだろうか、フレーメン顔に。


くっは~~~
ここ、オツなニオイがするよお兄ちゃん!

6フレーメン
オツ?


・・・オツってなんだ?
7どこさゴロゴロしてきた


ボーちゃんは、なぜかおでこが真っ黒砂だらけ。



─で、プっちゃんはというと
名前を呼んだら、たまおじさんちのお隣の倉庫から飛び出してきて・・・


8プっちゃん


そんな彼女も──


9走ってくるプっちゃん


なぜか手が真っ黒( ̄▽ ̄;


10その手はどうした


んも~、どこ潜ってたのさ。

親子そろって真っ黒じゃん。





【おまけ】
クロチの調子が良くなってきたと思ったら、今度はうさちゃんがクシャミを連発。

といっても、風邪というよりは花粉症みたいな感じ。
(熱はないし食欲もある)


ずび
うさぎ大先生


調べたら、猫にも花粉症はあるらしい。

私自身はブタクサ(?)にちょっと反応するくらいで
スギ・ヒノキによる花粉症というものがよくわからないのだけれど…


なんだかかわいそうになるくらい「ぶしゅぶしゅ」言っていて
クロチに続きうさちゃんまで鼻ふきふきが日課になってしまった。

・・・宇宙兄弟ならぬ鼻水兄弟だ。


とりあえず効果があるかわからないけど
免疫が上がることで少しでも症状が治まるようにと
ろびの肥満細胞腫対策用のDフラクションをごはんに混ぜてみたりしている。





【おまけ其の弐】
こちらは角膜修復用の目薬をつけているにもかかわらず
左目の涙が一向におさまらないろび


角膜の目薬?
しとみがおっきくなる薬じゃなくて??

ぷにおくん
あーそうそう、お目々が大きくなる薬だったね
(ちっとも変わってないけど^^;)



とりあえず現在1/4ほど残っている点眼薬がなくなった時点で再検査することに。


ろびクロチうさちゃん・・・

シニア齢ともなると気になるところがあちこち出てきて気が気じゃないけど・・・


でもがんばるよ

1日でも長く皆と一緒にいたいから。



*** ランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします ***
  

| 外猫たち | 10:18 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT