ろびろびQ

家猫&外猫の日常♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

浴室愛復活

─深夜、浴室のある1階から聞こえてくる

んの゛~~っ」という野太い声の後の
「カッコーン」と洗面器が落ちる音と
「ガタッ」と浴槽の蓋が閉まる音。


しばらくすると低くて重い足音とともにろびが2階に上がってきて
オイラは何もしてませんじょ、気のせいですじょ」と
しらばっくれながらモゾモゾ布団に潜りこんでくる。


何もしていないコのおでこがなぜピタピタに濡れているのだと
心の中でツッコミつつ
私の右脇腹でブーブーと寝息をたてるろびの丸いお尻を
ポンポン叩きながら再び眠りへ。


翌朝、ろび立ち合いのもと(というかついてきた)現場検証をすると
洗面器はタイルの上に転がり、浴槽の蓋の内側にはこげ茶色の毛が付着。


蓋をめくりながら『誰の毛だろうねぇ~』と聞く私と目を合わせることなく
ろびは『( ・(ェ)・ )』←こんな顔をしたまま開かずの間へと去って行く…


そして深夜・・・(以下略)








おバカさんなんでしょうか?(;ω;)





最近また浴室愛が復活してきたのか
蛇口もしくは浴槽の残り湯を飲みたがるろび


週に2、3回程度だが、まるで台本でもあるのかと思うくらい
ほぼ上記通りの行動を繰り返す。


(なんでオイラだってバレたんだろう?)
ゲフ
なんでバレてないって思うの?ねえなんで?


こう書くとまた高血糖状態?と思われるかもしれないが、ご心配なく。
今回の浴室愛はあのときとは違って、単なるクセみたいなもの。


それが証拠に
ここ1週間の一日の排尿数は4回以下におさまっているし
毛艶も良いし元気もある。
これは高血糖状態であるかどうかを判断する目安になる。


現時点では、ろびはたぶん血糖値をコントロールできている…はず。





おかしいじょ・・・(ザリザリ)
とある日の朝食


3日(日)の夜から試験的にインスリン投与を中止しているろび
現在は糖尿病食であるヒルズのw/dのみ。


療法食だけで血糖値がコントロールできるか不安だったが
上記で述べた通り高血糖の症状である多飲多尿もなく


なんでバレたのだ・・・(ボリボリ)
シルズのwdですじょ


食欲はあるし

水も普通に飲む。


今夜こそバレないようにしなくっちゃ(ゴキュゴキュ)
次はおみじ(お水)を…
またやるんかい( ̄▽ ̄;


─と、ここまで書いて普通に高血糖だったらどうしよう(^^;)


とりあえず本日夕方、また血糖値測定に行ってきます。


嗚呼、ドキドキ…。




あたちは病院行かねいわよ!
どっこいしょ


ぽっちゃんは行かなくていいんだよ。
悪いところないし。


それよりほら、残りのごはんを早く食べないと。
またろびくんに食べられちゃうよ?


はぁーい(カリカリ)
モジャさま朝ごはん


ふふ、かわええ。




【おまけワンツースリー】
珍しいアーシュの寝顔。

ボーちゃんとふたり、庭に現れては消え
私の振るおもちゃをバターになりそうなくらい追いかけ
そしたら疲れてしまったみたい。


ZZZ…
アイムスリーピィ


ボーちゃんは自慢のおシッポをお手入れちう。


しっぽメンテ


うさぎ園長も自慢のおシッポを・・・・・

ん?

あれ??


中尾こそ正義


み、見えない(^^;)



*** ランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします ***
  

| ろびん(肥満細胞腫・糖尿病) | 13:39 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT