ろびろびQ

家猫&外猫の日常♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

牛猫

ここは本州なのに

何この、ヒグマちっくな後ろ姿は・・・


フゴフゴ))
1ヒグマ?


ん?
2いいえ私はロビヲ


正体は朝から放牧されるろびでした。



今日は朝から良い天気なので久しぶりにろびを放牧。

前回は去年の9月の終わりだから7ヶ月ぶりの放牧だ。


放牧、放牧って・・・
3いい天気


失礼な、オイラは牛じゃないじょ
4サラダ日和


我が家に猫草を置かなくなって久しい。


すぐに枯れてしまって経済的でないことと
自由に食べられる環境にしておくと
それだけ嘔吐の回数も増えるわけで

猫の食道によくない&床がテロだらけになる…ということで


普段はできるだけブラッシングをして


あとはときどき庭の草を摘んであげるか
ろびの場合はこうして放牧して自由に食べさせている。


ぽっけも来ればいいのに
5ぽっけの声がする


ぽっちゃんは外に出た瞬間、自分探しの旅に行っちゃうからね。


大丈夫、あとでちゃんと摘んでいってあげるから。


そっか・・・じゃあぽっけの分まで
6ぽっけの分まで


オイラが食べよう
7オイラが草を食う


いやいや、ぽっちゃんの分は残しておいてよ。


ぐへへへへ まいう~~
8モシャモシャ


全部食うな!(^^;)




…ゲフーっ
9テカテカ


ごちそうさまでしたのだ
10テカテカの横顔


久しぶりにおなかいっぱい草を食んだ(はんだ)ろび牛。

ケコッケコッとする様子もないので、手足をふいて家の中へ。


みなしゃん…オイラは猫ですじょ。
牛じゃありませんじょ…ムニャムニャzzz

11ちかれた


たった10分程の放牧だけど満足してもらえたみたいでよかった。

また牛さんごっこしようねろびくん



※昨日のろびの血糖値測定結果についてはReadMoreに書きましたので
お時間のある方はご覧ください。






【おまけ】
こちらは昨日の朝のクロチきゅん

ちょっと早いボーちゃんのお誕生日プレゼントをわけてもらって
おいしかったのか、ちょっと変顔ちっくな洗顔に。


グフグフ☆(ズビズビ)
朝食後


・・・・はっ
精一杯のスマイル☆


あああ!ボクちゃんったらMapoさんに気づかないで
思いきり間抜けな顔を!(ズビっ)

恥ずかピー


MapoさんMapoさん~ 今の写真に撮ってませんよね?
するり
ブログに載せたりしませんよね~~~(ズビビっ)


あははは、もちろん




載せるに決まってんじゃん。




だって私にとってはかわいいもん (〃∇〃)



*** ランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします ***
  


昨日ろびの血糖値測定に行ってきました。

この1週間、インスリンは打たず療法食のみで生活してきたろび

結果は午後3時半で【123】(正常値70-150)ととても良い数字で
このまましばらく療法食のみで血糖値をコントロールしてくことになりました。


なぜ今回インスリンを止めてみることになったかというと
先月の血糖値測定で低血糖に近い数字を出してしまい
朝のみインスリンの量を0.8単位から0.5単位に減らしたにもかかわらず
今月3日の測定でまさかの【55】と、上がるどころかむしろ下がってる(ё_ё;)


・・・で、現在担当してくださっている獣医師さんがおっしゃるには
完全にインスリン離脱できないコの中にも一時的ではあるけれど
療法食のみで血糖値をコントロールできる体質のコがいるらしく


たとえば夏場は療法食のみでも血糖値は安定、
でも冬場になると療法食のみでは血糖値が上がってきてしまうため
インスリン投与を再開など…


もしかしたらろびもそのタイプなのかもしれないと。


たしかに記録を見ると、去年の今頃も同じように血糖値が低く
その後徐々に上がってきている。
もしかしたらろびにとっては今ぐらいの季節がインスリン離脱できる時期で
血糖値が低く出たのも、もしかしたら打たなくていいものを打っていたからかもしれない。
もしそうだとしたら、ろびにはかわいそうなことをしてしまっていました。


それで5月3日の夜から1週間だけ試験的にインスリンを止めてみたのですが
結果は【123】と、糖尿病のコにしてはちょっと低めの数字ではあるけれど合格点。
このまましばらく来月の血糖値測定までヒルズのw/dのみで様子を見ていくことになりました。
その間にもし高血糖の症状が現れるようであれば
そこからまたインスリン投与を再開することになります。



外部から投与するインスリンというのは毎日同じ投与量でも
そのコの調子によっては血糖値の上がり下がりに差が出たりして
具合が悪くなることもありますから
たとえ期間限定であってもインスリンを打たずに済むのであれば
きっとろびの体も楽でしょうし、私もうれしいです。



──と、ここまで書いておいて
明日から投与再開なんてことになったらどうしよう(^^;)






とりあえず、一日でも長くプチ離脱できるように祈ってやってくださいませ。


Mapo

| ろびんとぽっけ | 13:52 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT