ろびろびQ

家猫&外猫の日常♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

特等席へご招待

実は昨日の記事を書いているときの私の膝上は、こんな状態だった。


1昨日の朝
ほどよくズッシリ


ものすごく寒いというわけではないものの、朝からの雨。

どこか温もりが欲しいところに暖かいこたつの存在を知り
何度も中に入ろうと試みるのんのんであったが


たのもー
2くすん(涙)


そのたびにつぶらなしとみのおいちゃんと
モジャモジャのおばちゃんおねえさんに威嚇されてしまい


なんでのんちゃんは「おこた」に入っちゃいけないの?
3のんちゃんもおこたに入りたい


・・・そんなわけで


エッヘン♪
4どや


ろびぽも好きでよく挟まっているこの特等席を
のんのんに提供したのであった。


─が、2kg台なら余裕余裕♪と思っていたら
長時間だとけっこう脚にくるものなんだな。


記事を書き上げたあとも、しばらく脚がしびれていた(ёωё;)



★保護猫のんちゃんの里親さまを募集しています。

のんちゃんの里親募集について

↓こちらのサイトにも登録しています(随時更新中)

ペットのおうち 募集番号79572
いつでも里親募集中 掲載番号C240151


5証明写真風に


便秘予防のごはん以外は特に問題のない健康優良児です。
(市販のフードも予防食と混ぜる程度なら普通に食べられます)

甘えん坊で、人の姿を見るだけでのどをゴロゴロ♪

そんなのんちゃんを家族の一員として迎えてくださる方を
心よりお待ちしております。

どうぞよろしくお願いいたします。




【おまけ】
昨日は一日雨で外猫の写真が撮れず、ストックもないので…


茶トラ白坊や


懐かしいボーちゃんの使用済み写真を引っ張り出してみました。


その黒い箱、な~に~?


6年前、まだうちのコになる前の生後4ヶ月のボボンです。
(当時は茶トラ白と呼んでいました)


実の兄猫きーちゃん(現在行方不明)と遊ぶボボン


やったなー!


一緒に生まれた兄妹猫の茶トラ坊やわかちんは日が暮れれば
当時エサをもらっていた猫おばあさん宅に帰ってしまうのに
なぜだかボーちゃんだけはいつまでたってもうちにいて


これ以上外猫は増やさないと固く決めていたものの
うちの庭で無邪気に遊んでいる姿を見て


頭の中では否定しながらも心のどこかで
「たぶんこのコはうちのコになるだろうな」と思っていたら

本当にその通りになったという(^^;)


おばちゃん誰?


かわいいかわいい、うちの押しかけ外猫。

今では我が家にとって
なくてはならない存在のやんちゃっコです。



*** ランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします ***
  

| 保護猫 | 06:29 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

うわぁ、ボーちゃんってこんなにいたいけな少年時代が…!
こんな子に居座られたら、それは、…お世話するしかないですね^^
庭から帰らないノラの子。
グッときますね。
ボーちゃん幸せになってよかったね。

| さくらんぼん | 2015/11/15 09:41 | URL | ≫ EDIT

コメントありがとうございます

>さくらんぼんさん

そうです、ボボンにもこんな時代があったんですよ(笑)
当時は人の顔を見るだけでシャーフー言うコで
「だったら帰んなよ」言っても帰らず。
兄妹たちが帰ったあともずっと庭で遊んでいて
それを見ていたら決心が揺らぐこと揺らぐこと(^^;)
結局、鉄のハートはもろくも崩れて現在に至っています。
うちのコになってくれてありがとうと、心からそう思います。

| Mapo | 2015/11/15 19:09 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT