ろびろびQ

家猫&外猫の日常♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

子供は風の子/各検査結果

11月にしては暖かい日が続き、今年は暖冬か?なんて思っていたら
ここ2、3日でいっきに寒くなった。


特に朝。


行こうオバチャン!
北島~(さぶ~っ)


首をすくめ猫背で歩く人間と

姿勢良く背筋をピンと伸ばして歩く猫。


サンダ~バ~ド~~♪
お尻丸見え


完全に逆転している(^^;)


いっぱい着込むからよけい寒く感じるんだど。
オバチャンもボクみたいに半袖短パン、白靴下で

白靴下のボッボ


いやだよ、こんな季節にそんな格好してたら
「おまわりさん、あの人です」って言われちゃう。



おまわりさん あの人よ~~~っ
おっはー♪


本当に言うな!(^^;)


※ちゃんと服着てます




プチかーさんを迎えに行きながら、あっちに行ったり車の下に隠れたりと
元気に走り回っていたボーちゃん


子供はカズノコ げんキノコ!
ばびゅーんっ


まだまだこれくらいの寒さなら全然へっちゃららしい。


さすが子供は風の子である。


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚


木曜日の夜、ろびの肥満細胞腫3ヶ月検診に行ってきました。


ドライブって言ったのにうそつき・・・
つぶらなしとみBOY


今回も表面上のしこりらしきものは確認されず
悪性度の高い内臓型の症状(リンパの腫れや嘔吐、食欲不振)もないことから
エコー検査はせずに触診のみで無事検査をパス。


その代わり、先週土曜日の夜から唾を飲みこんだり嚥下するたびに
喉が空気を含んだように「コキュっ」と鳴るようになり
それがずっと続くため、念のため喉のレントゲンを撮っていただくことに。


右足から前に出るか それともしだり足(左足)から出るか…
モデル立ち
それとも両足で


結果は特に異常はなかったものの
加齢が原因と考えられる骨の変形(喉の骨の一部が若干ずれている)が見られ
もしかしたらこの骨が喉を圧迫している可能性もあるとのため
少し様子見となりました。


場所が場所だけに甲状腺に問題があったり
何か腫瘍でもできているんじゃないかと心配しましたが
腫瘍ができていたらまず物が飲み込みにくくなるそうだし
ろびは食欲バリバリ)
甲状腺もちょうどその日に届いた血液検査結果では問題なかったので
ちょっと心配ではありますが、このまま様子を見たいと思います。


どっちの足から前に出るか オイラもう3時間も悩んでますのだ・・・
進撃の巨顔
飛べ


行きも帰りも病院の待合室でもおとなしかったろび


現在猫の待合室にフードサンプルが置いてある棚があるのですが
(子猫からシニアまでステージ別にいろんな種類のフードが
味見できるようになっている)


診察待ちの間にインスリンの時間がきてしまったので
ろびをキャリーから出したところ、彼はその棚をガン見(笑)


ちょうどその中にろびが食べているヒルズのw/dがあったので
少しいただいたところ
キャリーバッグの中でうれしそうにモグモグしていました(笑)


診察でもレントゲンでもされるがままで終始おとなしく
(仰向けにしたらずっと仰向けのままでいるんだそう)
この日も動物看護士さんに「いいコだったね」と褒めていただき
うれしかったのですが


そう言ってろびを抱っこする動物看護士さんが少し前かがみになっていたのを
私は見逃しませんでした。


重くてスミマセン…(ёωё;A)



*** ランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします ***
  

※ReadMoreはろびぽの血液検査の結果をメモ的にまとめたものですので
興味のない方はスルーしてください



11月14日に受けた血液検査
(血液検査15項目+血球検査+甲状腺検査)の中から

・尿素窒素(BUN)
・クレアチニン(Cre)
・甲状腺(T4) の3つを。


検査時年齢、16歳4ヶ月 ←2015/11/29追記
( )は前回6/7の結果。
参考基準値は検査機関によって異なります。


ろび(体重6.3kg)

・尿素窒素(BUN)   31mg/dL (31mg/dL)/参考基準値 15~33
・クレアチニン(Cre)  1.8mg/dL (1.7mg/dL)/参考基準値 0.8~2.1
・甲状腺(T4)      1.6μg/dL (2.1)/参考基準値 0.9~3.8


ぽっけ(体重4.3kg)

・尿素窒素(BUN)   28mg/dL (30mg/dL)/参考基準値 15~33
・クレアチニン(Cre)  1.9mg/dL (2.2mg/dL)/参考基準値 0.8~2.1
・甲状腺(T4)      2.4μg/dL (2.3)/参考基準値 0.9~3.8


今回はろびぽっけもほぼ全ての項目において基準値内で
(ぽっけは1項目だけ少し低いのがありましたが問題なし)
ぽっちゃんは前回少し高かったクレアチニン(Cre)が基準値まで下がっていてホッ。

腎臓サポートと、ウンチが出にくくなるため時々しか与えていませんが
ネフガードが効いたのかもしれません。

ですが数値だけで安心してしまわずに
これからも2匹の健康状態を注意して見ていこうと思います。


| 病院 | 15:01 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT