ろびろびQ

家猫&外猫の日常♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ドッキリ

先週土曜日の夕方、 玄関のドアを少し開けながら
猫トイレの掃除をしていたときのこと。

プっちゃんを『たま』と呼んでかわいがってくださる通称『たまおばさん』が
「Mapoちゃん・・・・たまがね」と、深刻な表情でうちの庭に入ってきた。


ドクン…といっきに心拍数が跳ね上がる私。
トイレスコップを手にしたまま「はい」と次の言葉を待つ。


たまおばさん「たまが・・」


私はプッチ


「たまが、声が出ないさ」






・・・・・はい?




聞けば、いつも「たま~」と呼べば「ニャ~ン」と返事をするプっちゃん
このところ呼んでも口をパクパクするだけで全然声が出ないのだそう。


そうよ私は声を失くしたマーメイド
しっぽの生えたニャーメイド


そう言われてみればここ最近
お迎え時に小さく返事をしながら走ってくる彼女を見た記憶がない。

どこか具合でも悪いのかと最近の彼女の様子を
脳内記録のページをめくりつつ思い出してみる・・・


↓いつものプっちゃん
どっどこ どっどこ
昨日より13分39秒も遅いなんて
どーゆーこと~~~~っ!=З=З



が、まったく思い当たる節がない。


食欲はあるし、元気だし、コロコロ太って・・・あいや
三毛猫セーター8枚重ね着のおかげで風邪もひいてないみたいだし。


ダックスフント?


そんな私たちを横目に、たまおばさんについてきたプっちゃん
門のところで気持ち良さそうにゴロンゴロン。


右に左にとローリングを楽しんだ後は
頭をプルプル振ってアウェー(ご近所)観察。


焼いも屋さん・・・もう来ないのかしら
耳ヒコーキ


明日からのダイエット前に もう一口だけ食べておきたかったのに
縞三毛ですが何か?
ダイエットあるある→『明日から』


見た感じ異常はないし、今は換毛期で
毛玉や猫草を吐いた後、一時的によくあること。


大丈夫だと思いますよ、と答えるとたまおばさんは
「そう?ならいんだけど・・・」とホっとした顔で帰っていった。


それにしてもたまおばさんの深刻な表情に一瞬たまおじさん
(夫婦ではない)がうさちゃんの異変を伝えに来たときのことを思い出し
本当に本当にドキっとした。


でも、そうじゃなくて本当に本当にホっとした。


・・・心臓に悪いよ、もう(ёωё;A)




【おまけ】
夜でも15度超えの我が家・・・


ぶひーzzz
踏まないでね


今なら30秒だけヘルメットなしでモフモフしても許してあげる
デンジャー


ああ、こたつで脚が伸ばせるって素敵(;;)



*** ランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします ***
  

| 外猫たち | 06:58 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT