ろびろびQ

家猫&外猫の日常♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『ホっ』×5

だんだんと日が長くなり、夕方6時頃でも猫の姿が確認しやすくなってきた。

私が仕事から帰ってきてまず行うのは猫たちの確認で、
最初は自宅30m手前、たまおばさんちの塀の上にいることが多いプっちゃん

毎回『あー、この車なんか見たことあるー』みたいな顔をする彼女。

徐行しながら少し窓を開けて
「ただいまプっちゃん!ごはんにしよう、おいで!」と声をかけるが
彼女は動かず、なおも塀の上で『あ-、この車』

・・・後で迎えに来ないとだめだなこりゃ( ̄ー ̄;


まず1件目の『ホっ』


今日は一日 石でも数えて過ごしましょうかね(ズビ)
小石恋し

・・・だめです、どこまで数えたか分からなくなりました(ズビビ)
おいコラそこの白黒
暇でいいな兄ちゃん


お次はボーちゃん

このコは門か玄関前で待っていることが多く
昨日も門の前で伏せるようにして座って待っていてくれた。

私の車に気づくとボーちゃん
ゴロンゴロン、クネクネ、あっちへパタン、こっちへパタン。

そして私が車から降りると起き上がり駆け寄ってきて
おかえりオバチャン~」とスリスリ。

帰ってきてさっそく砂まみれになる私の脚。

2件目の『ホっ』


フンフンフ~ン♪
待てコノヤロウ
タっ


車から降り、そのまま裏の物置小屋へ。
クロチの確認である。

彼は天気が良いと散歩に出たまま帰っていないことが多く
天気が悪い&良くても寒い日は猫ベッドにいることが多いのだが

昨日は一日猫ベッドに籠っていたらしく
大きく伸びをしながら、これまた大あくび。
鼻の通りも悪くはないようで、ニコニコしながらベッドから出てきた。

これが3件目の『ホっ』

ちなみにいきなり物置に入ると中にいるコがびっくりしてしまうので
入るときはいつも入口の手前から歌をうたったり声を出して
私の存在を知らせるようにしている。


なんか嫌な予感がしますですよ(ズビビ)
そこを動くなよ
ふるふるっ))


やっぱり!
逃げるボクちゃん
待てこの石ころ野郎!(`・ω・´)


外組の安全が確認できたところで玄関の鍵を開けて荷物を中へ。

薄暗い中、正面の玄関マットの上にうっすらと浮かび上がるモジャモジャ
あいや、ふわふわのシルエット。

「ただいま、ぽっちゃん

どんなに暑い日でも、どんなに寒い日でも
ほぼ毎日お出迎えをしてくれるぽっちゃん

通勤用バッグの角っちょが好きで、バッグを下ろすと
頬やおでこをスリっ、スリっ。

特に給料日は念入りにスリスリしている気がするのだが
気のせいかしら(^^;)

これで4件目の『ホっ』


・・・で、ラスボスろびだが

以前はよくココでぽっけと一緒にお出迎えをしてくれていたものだが
最近は2階の猫ベッドで寝ていることが多く


・・・・・( ・(ェ)・ )←起動中
その手その顔


この日もお気に入りのベッドの中からおかえり顔。


・・・最後の『ホっ』 (ё。ё)-з


・・・だめら、ゴアン食べてアップグレードしないとオイラ動けない
あふれる毛布と猫
ねいしゃん、Robindows7から10にアップグレードしてくり


わたし的にはぽっちゃんにも無理せず寝て待っていてほしいのだけど

彼女はすっかりあれが習慣になっているので
たぶん元気でいるうちはこれからも玄関マットの上にちょこんと座って
女将のように待っていてくれるんだろうな。


それにしても毎日みんなの姿を確認するまでは本当にドキドキ。

心臓によくない、よくないぞ。



*** ランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします ***
  

| ろびんとぽっけ | 16:24 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT