ろびろびQ

家猫&外猫の日常♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

肉球プリーズ

ちょいと肉球の写真を撮りたいなと思ってろびにモデルを頼んだのだが


ぶんっ
1いきなり鉄槌
だあぁ~~~っ 動くな!止まれ!ストップ!フリーズ!


ピタっ
2ストップ


( ・(ェ)・ )
3いいから止まれ


なぜかろびのつぶらなしとみにピントが合ってしまって断念。



何が書きたかったのかというと


小道具↓
4見事なもんだよ伝家の宝刀


ろびの肉球は、歳の割には艶々プリプリの小豆色なんですよって


5はよくれ


ああ、やっぱりダメか。
(ピントが合わない^^;)



はい、もういいよ。


フガフガ))
6妖怪フンガフンガ


ゴリゴリ))
7妖怪鼻ゴリゴリ


鼻をほじるなっつーの。
(これが昨日の記事につながります)



ちなみにモジャちゃんの肉球はろびよりも暗い「あんこ色」。

同じキジトラ兄妹なのに違うという・・・


絶対見せねいのもんzzz
おねむzzz


企業秘密(?)らしく、見せてはもらえませんでしたが。




【おまけ】
お股メンテ中のボボン


んべんべ))
メンテ中


ボ~~ちゃんっ!


んあ?
ん?


肉球見せて。


あいよ
あいよっ


ボーちゃんの肉球は、時々ちょっとオレンジがかって見える桜あん色。

硬さはセミハード(ほどよく軟らかい)


嗚呼、夜中にこんな記事を書いていたら
なんだか和菓子が食べたくなってきた(^^;)



*** ランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします ***
  

| ろびんとぽっけ | 06:29 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

はじめまして
猫の糖尿病関連のブログを探していたら、こちらにたどり着いたものです。

うちも、糖尿病ボーダーラインの子がいて、現在は食事療法と運動で血糖値コントロールをしています。

ろびんちゃん、闘病大変だと思いますがものすごく頑張っていますね。
今も元気に生き生きしているろびんちゃんを見て、私も勇気づけられました。
きっと、ブログ主さんの愛情のたまものですね。

糖尿病関連の記事、文章も簡潔で非常にわかりやすくて、大変参考になりました!

| あめねこ | 2016/04/13 19:12 | URL |

コメントありがとうございます

>あめねこさま

はじめまして、ご訪問とコメントをありがとうございます。

あめねこさんの猫さん、食事療法と運動で血糖値コントロールできているんですね。
よかった。
フードは好き嫌いがありますが食べてくれていますか?
今後もインスリンに頼ることなく元気に生活できますように心からお祈りします。

いやはや、同じ病気で闘う猫のオーナーさんのお役に少しでも立てればと思うものの
まとめるのがヘタで(^^;)
改めて読み返したら自分でも???な部分が多くてちょっと凹みました。
それでもつたない文章の中に少しでもヒントがあれば幸いです。

うちのろびは肥満細胞腫の手術が急性腎障害のせいでできず
代わりに行なったステロイド治療の副作用で糖尿病になってしまいましたが
紆余曲折はあれど、今日までなんとか元気に過ごすことができています。
あめねこさんもいろいろと大変なことが多いかと思いますが
お互い愛猫のためにがんばっていきましょう!

コメント、ありがとうございました。

| Mapo | 2016/04/14 04:32 | URL | ≫ EDIT

ありがとうございます!

Mapoさん

初めてのコメントにもかかわらず
うちの子に心優しいお言葉ありがとうございます。
心強かったです。

現在、うちの子はロイカナの糖コントを食べています。
幸い、ごはんは何でも食べるよって子なので糖コントも
いやがらずうまいうまいと食べてくれています。
まあ、それが肥満の原因なんでしょうけど^^;

ろびんちゃんは大変な病気をいくつか抱えながらも、
生き生きとしていてホントに素晴らしいと思いました。
私も、Mapoさんを見習ってうちの子の食事&運動管理を
よりいっそう頑張ろうと思いました。

実は、うちの子たちもキジトラの長毛と短毛で姉妹なんです。
今回、糖尿の子は長毛で、ろびんちゃんの妹のぽっけちゃんと
とてもよく似ているのでなおさら親近感でした!

ろびんちゃんがこれからもずっと元気で過ごせるように心から
お祈りしています。

| あめねこ | 2016/04/14 09:18 | URL |

こちらこそ

>あめねこさま

こちらこそ、ろびをお気遣いくださりありがとうございます。
うちのろびんとぽっけ兄妹と同じ長毛・短毛のキジトラ姉妹さんと聞き
ものすごく親近感が湧いています。しかも、
>ごはんは何でも食べるよって子なので というところ。
ろびもそういうコなので、よく似てるな~と思わず笑ってしまいました。

ロイカナの糖コントロールを食べているんですね。
ろびも初めは糖コンから始めたのですが、その頃なかなか血糖値が安定せず
フードによって血糖値の安定の仕方が違ってくると当時の担当獣医師さんに聞き、
試しにヒルズのw/dに変えたところ、どうやらろびはヒルズのほうが
合っているみたいだったのでそちらに切り替えました。
あめねこさんの猫さんと同じで好き嫌いがないコなので
スムーズに切り替えができて本当に飼い主想いのコです。

お互い猫に助けられている部分も多いかもしれませんね。
だからこちらもがんばろうと奮起できるのですけど。

| Mapo | 2016/04/14 20:33 | URL | ≫ EDIT

ご飯悩みますね・・・

お返事ありがとうございます。
何度もすみません。

ご飯のことはホントにいろいろ悩みますよね。
糖コントは、高タンパク食なので、今後腎臓に
負担がかからないか少し心配しています。

病院では糖コントと、ろびんちゃんと同じw/dを勧められました。
w/dは、尿路系とかいろいろカバーしていて
よさそうなご飯ですよね。

ただうちは、糖尿発覚前、ヒルズのc/dに変えたばかりだった
のですが体質に合わないのか、軟便気味になってしまったので、
とりあえずロイカナにしました。

ふふっ♪ブログタイトルからやっぱりろびんちゃんも
ご飯大好きさんなのかなと思っていました^^

ちなみに、今ろびんちゃんご飯1日何回食べていますか?
うちは、ダイエットも兼ねているので3回です。(朝・夕・夜)

ろびんちゃんの糖尿は、ステロイドが原因とのことで
それならば一時的糖尿病なのではと思いました。
きっとインスリン離脱できる日も近いのではと思います!

闘病猫さんの介護は本当に大変だと思います。
でも、健気に頑張ってるわが子から、いろいろ教わることは
多いですよね。
私もご飯の時間を決めたので、早寝早起きになりました。

ろびんちゃん、これからどんどんいい方向に向かうといいですね^^

| あめねこ | 2016/04/15 09:54 | URL |

>あめねこさま

糖尿病対応食は血糖値を上げにくい素材を使うことが必要で
そうなるとどうしても肉中心の高タンパク質食になってしまうので
腎臓への影響が心配になりますよね。
うちもこの先ろびが腎不全と診断されたときにどちらのフード
(糖尿病食or腎臓サポート食)をとるか悩むところです。

うちはまだインスリンがあるので腎サポを食べさせながら
インスリンで血糖値をコントロールしていくことも可能ですが
あめねこさんの猫さんは食事と運動のみでの管理ですので
フードについてはやっぱりちょっと心配になってしまいますね。

残念ながらろびは完全なインスリン離脱はできないと
獣医師さんに断言されています。
ただ、期間限定でインスリン離脱ができる体質らしく
去年は5月~7月までの3ヶ月間、全くインスリンを打たなくても
高血糖になることなく生活ができたんですよ。
今年もそれができるか現在病院へ通いながら様子見中です。

ろびのごはんは既定量を2回に分けて朝晩1回ずつです。
もともとw/dが低カロリーであることと
無理に走らせたりすると爺ちゃんゆえ関節にくるので
食事のみで体重管理をおこなっています。
最も太っていたときは7.6kgありましたが
現在は6.2~6.3kgで安定しています。

猫と暮らし始めてから生活が規則正しくなったというのは
みなさん同じですね(笑)
ほんと、猫たちに感謝感謝です。

| Mapo | 2016/04/16 15:18 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT