ろびろびQ

家猫&外猫の日常♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

瞬間移動

それは、とある朝のことだった。


1とある朝
いっちば~ん♪


いつものように周囲を警戒しつつお迎え隊の後ろを走っていたプチかーさん


2走るかーさん


突然消えたのである。


3そして消えた
ありっ!?(ズビっ)                           


こりゃ大変だ、神隠しだと騒ぎながら

よ~く見ると・・・


4ん?


あらま、いつの間に。


5そ…それは


坊やに聞いたわ これ転送装置っていうんでしょ
6転送装置
行きたいところに瞬間移動できるって


・・・・・・ぷっ(笑
7ぷっ


ぶわははははは。
プチかーさん本気でそんなの信じてるんですか(ズビっ)

8あーはっはっ


そんな楽なものがあったらお迎えなんていらないんです(ズビビ)
9ギリギリ納まる2匹
でも、どうしても信じるって言うんなら・・・


ボクちゃんが証人になってあげますからごはん処まで飛んでください。 さ、さ(ズビ)
10三すくみ状態


この後プチかーさんが物置前の食事処まで瞬間移動したかどうかは
みなさんのご想像にお任せしましょう。



・・・・ところでクロチくん


はい(ズビ)
11by the way


そのでろんと融け出してる餅巾着みたいなのは何?


これですか?(ズビっ)
12What is this?


これは夢と希望です^^(ズビビ)
13ノーコメント


正しくは夢と脂肪です。




【おまけ】
転送装置の隣を少し空けて待つプチかーさん、いとかはゆし。


相席OKよ


しかもしっぽで真っ黒になった右手をちゃんと隠してる。


気にしなくていいのに

だって、黒くてこそかーさんなんだから。



*** ランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします ***
  

1枚目の写真、よーく見ると奥にプチの天敵クロちゃんがいます

| 外猫たち | 08:05 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT