ろびろびQ

家猫&外猫の日常♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ボーちゃんのお迎えスタイル

この頃は夕方私が帰宅すると裏の月極駐車場から眠そうな顔で
ポテポテと姿を現すボーちゃんだが

風が出て涼しい日は、こんなふうに門の前(門ないけど)で
待っていてくれたりする。


イメージ図その1
1イメージ其の壱


それは別にいい。
帰ってきてすぐボーちゃんの姿が確認できるのはうれしいことだし。


だが、いざ駐車場に入ろうとするも、このお坊っちゃん
なかなか動こうとしない。

両手を「まるん」と胸の下にしまったままこんな顔→(`・ω・´)で
しばし車中の私と見つめ合う。


イメージ図その2
2イメージ其の弐
まさか私が封鎖されるとは(^^;)


車の窓を開け、「ボーちゃん!危ないよ、車入るよ」と声をかけること数回。

やっとこさ腰を上げ、初めはお尻を後ろに「つ」の字型に伸び~
続いて今度は頭を前に「へ」の字型に伸び伸び~~
敷地内へと入っていく。


その後、買い物した荷物を車から玄関内へと運びこむたびに
ボーちゃんはついてきて

私が荷物を取りに車へ向かうと
プチかーさんを迎えに行くのかと勘違いしたボーちゃん
「タタっ」と門へと走っていき
「・・・あれ?」というような顔でテクテク戻ってくるのが
これまたなんとも言えずかわいくて。


それを何度か繰り返し、やっと大好きなプチかーさんのお迎えに。


行こうぜオバチャン~~♪
3イメージ其の参


以前なら、帰宅した私を封鎖するのは亡きうさちゃんの役割だった。

それを今は、時々ではあるけれど弟分のボーちゃんが引き継いでいる。


4アーシュ元気かな


いいよ、いくらでも封鎖して。


5もっかい遊びたいな…


でもそれは、私の車限定でね。


6奥にいるのはプチかーさん


この先ずっと何度も何度も封鎖して
そしていつか、お外暮らしが辛くなったら

おうちの中で私を封鎖しておくれ。


約束だよ、ボーちゃん



【おまけ】
私の席から見えるトドヲ

・・・もとい、ロビヲ


ピィ~~♪zzz
やっぱりトド


ろびの寝息は静かなときもあれば賑やかなときもあり

ろび「ぶぅ~~~っzzz」
私「・・・ん、何?ごはんのおかわり欲しいの?」
ろび・・・・・ぶっ!(yes!)


こんな会話は、我が家ではざらなのである。



*** ランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします ***
  

うちのコ限定だったら、私>>>ミャウリンガルの自信ある

| 外猫たち | 08:12 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT