ろびろびQ

家猫&外猫の日常♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ロビヲ通院メモ

※昨日のろびの様子についてのメモ的な記事になります


7:30 朝食およびインスリン1単位投与

8:00 外猫たちに朝ごはんをあげて戻ってきたら数ヶ所に嘔吐の跡。
(食べたものまるごと、消化物、白い泡)
同時に床に緑がかった軟便の跡が点々とみつかり
以降、少量の軟便を何度も繰り返す。
様子がおかしいため2階保護部屋にトイレを設置し、ろびをケージの中へ。


12:00 だんだん足元がフラついてきて激しく震える。
低血糖の症状だと思い、すぐさまハロゲンヒーターをつけ
砂糖をお湯で溶いたものをスポイトでゆっくり口に含ませるが後にまた嘔吐。
ケージを嫌がり必死に鳴くので抱き上げて自室へ。


13:00 いったん落ち着いように思われたが再び嘔吐。
ウンチは徐々に固形になってきたものの横たわりながらウンチが出てしまう
いわゆる垂れ流し状態に(幸いこのときは毛布を敷いていたのでセーフ、
以降はペットシーツを敷いては交換の繰り返し)
息みすぎが原因か、便に血が付着。


16:00 かかりつけセンター病院で受診(念のため軟便持参)
「嘔吐と軟便(下痢)」が脾臓型肥満細胞腫の症状のひとつであることと
8日(木)の外科予約診察後にも同様の症状があり
2週連続で起こっていることからエコー&血液検査。
皮下点滴と血糖値測定もしてもらう。


結果は
●脾臓型に表れる血液の数値については今のところ問題なし

●ただし、脾臓の一部に8mmほどの腫れっぽい影

●その影がなんであるかは細胞診の必要があるが
出血を伴うため年齢的なものも考えて現段階ではしたくない

●血糖値については16時時点で【60】と明らかな低血糖状態だったため
今夜は一度インスリン投与をパスして
明日の朝しっかりごはんを食べて嘔吐もなければ1単位投与再開。
(※これは食べたものをまるまる吐き出したため、血糖値は上がらないのに
インスリンだけが効いてしまったのが原因と考えられるそうです)



゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

病院行きを察知したのか支度を済ませて自室に戻ってきたら

あな珍しや。


ぽっけ「今日のろび太、あんだかウンコ&シッコ臭いわ~」
毛の長さは違うけど

あっち行ってくんないかしら
実の兄妹なのです

あっち行け! このでぶちん~!!
兄妹なのです


いつもならぽっさんの近くにろびが来たら
とっくにグーチョキパーのどれかが飛んでいるはずなのに

昨日は微妙な表情→(▼-▼*)になりつつもろびの接近を許しているようでした。

やっぱり相方の不調がわかるものなのかな。
こんなぽっさんのふとした優しさが好きです。




そしてろびの帰宅後、一緒に夕食をとるポンポコ兄妹。

ろび太、無理しないで全部残していいわよ(モグモグ)
ペットシーツ万歳
あい、無理せず全部食いますのだ(ボリボリ)


ペットシーツが敷き詰めてあるのはろびの嘔吐&軟便、シッコ対策として。

病院で吐き気止めを打ってもらって嘔吐は止まったものの
お風呂から出てきてこたつをのぞいたらろびの寝ションの跡があったので(^^;)
とりあえずシッコについては2階の廊下にトイレを1つ設置したので
もよおしたらそこで用を足してくれることを願うばかりです。


嘔吐の原因については不明ですが
肥満細胞腫によるヒスタミン放出のほかに
もしかしたらネフガード等による便秘気味のせいもあるかもしれないため
ここ最近、毎日ちゅ~るに混ぜて与えていたネフガードまたはコバルジンを
しばらくは週1~2くらいにおさえてみようと思います。

それが証拠に昨日はウンチの回数がハンパなかった。
たぶん1週間分くらいは出したのではないかと(`・▽・´;)

それだけ排泄しても体重は-100gの5.3kgでしたけどね(笑)



【おまけ】
へっぽこサンルーム人気の2階席にて。

後から来たのはボボンですが優しいクロチは席を譲ってあげます。


・・私も入っていい?p[【◎】]qω・´。)



クロチ「ダメです(ズビ)」   ボボン「ダメに決まってんだろ!」
人気の2階席


だーよねー



(…くっそ!)



*** ランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします ***
  

| ろびん(肥満細胞腫・糖尿病) | 06:50 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT