ろびろびQ

家猫&外猫の日常♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

三度しこり化

なんとも暑い3連休だった。

1_20170718040931e7d.jpg
御簾の陰から外の様子をうかがうぽっさん

2_2017071804093291e.jpg
その後「zzz…」

我が家の2階の暑さはハンパじゃなく、1階とは1、2℃確実に違う。

だから連休中は開かずの間(1階)で一緒にお昼寝しようねと何度も言ったのに


んが? もうゴアン?
3_20170718040933a31.jpg
2階Mapo部屋

…仕方なく保冷剤をタオルにくるんで差し入れ扇風機をつける。


4_2017071804093483b.jpg
保冷剤↑

抱き上げて1階に連れて行っても気がつくと2階にいるのだから
まったく困ったもんだε-(ё_ё;)

5_201707180409360a5.jpg

困ってますよろびくん

聞こえてますか~?

6_201707180410077c1.jpg
・・・オイラ今日耳 日曜日…

ちなみに画像はろびだが2階引き籠り率はぽっさんのほうがずっと高かった。

(▼-▼*)←こんな顔でいるくらいなら下に来ればいいのに(^^;)


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

今回の3連休は土曜、月曜と病院通いだったろび

7_20170718041008b33.jpg
Mapo「ろびくんほら、マックのポテトだよ~」

…うそつき!
8_20170718041010f64.jpg
チっ バレたか(またたびの木です)

土曜日は血糖値測定、そして昨日は日曜日にブラッシングをしていてみつけた
コチラを診てもらいに。

10_20170718041013038.jpg

去年10月の手術から約9ヶ月

全身に存在する腫瘍細胞がしこり化しないことを願いつつやってきましたが
とうとうしこりができてしまいました。

前と同じ体の左側で前より脚の付け根に近い位置です。
(前はもうちょっとおなか寄り)

しかも既に直径1.5センチほどの大きさになっていて
私が気づかなかったのか、それとも急激に大きくなったのかはわかりません。

発見してすぐに外科の予約を入れたのですが、運悪く外科の先生が
来週から3週間夏休みに入ってしまうとのことで
(今週の木曜日も空きはナシ)

ただ、ろびの担当獣医師さんが昨日は午後から勤務だったので
午後一で飛んで行き細胞診をした結果
はっきりとした肥満細胞腫の顆粒は認められなかったものの否定はできないとのこと。

そこで、まずは1週間ほどステロイド剤を服用してしこりが小さくなるかどうか
様子を見ることになりました。

ろびは糖尿病でステロイドはインスリンの分泌を阻害します。
おそらく今後しばらく今以上に高血糖が続くかもしれませんが
もう手術は簡単にできる年齢ではないし私もさせる気はないので
なんとかがんばってインスリンで血糖値を下げながら
しこりが小さくなることを願いたいと思います。

9_20170718041011c81.jpg

どうかろびのしこりがステロイドに反応しますように。

(ああ、胃が痛い…)


【おまけ】
開かずの間のすだれの内側ですやすやボーちゃん

11_20170718041042a0b.jpg


*** ランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします ***
  

| ろびん(肥満細胞腫・糖尿病) | 08:24 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

いつも冷静に、かつ的確に、ろびちゃんの体の変化に即時ご対応されているMapoさんにホントに頭が下がります。

ステロイド治療は血糖値が乱れてしまうので、使わずにいられるのであればそうしたいところですよね。せめて確定診断ができればいいのですが…
やはりそうだった時のためにはステロイドを使用しておいた方がいいのでしょうか。
そうなると少し前に血糖値測定器を導入しておいたのはよかったですね。

実はうちのチロルにも右前足付け根あたりに「脂肪腫」という良性のしこりがあります。大きさは2cmほどで今年の1月に見つけ、青ざめましたが特に悪さはしないそうなので大きくならないか経過観察中です。ろびちゃんのも今回のは「脂肪腫」ならと思いました。

ろびちゃんもMapoさんも、頑張りすぎず、でも最善の方法で日々幸せに暮らせるように祈っています。

| あめねこ | 2017/07/18 16:02 | URL | ≫ EDIT

コメントありがとうございます

>あめねこさん

レスが遅くなってすみません。
脂肪腫にしては硬く、前回のしこりの位置に近いことから
おそらく肥満細胞腫ではないかということで、
外科の先生の夏休みが終わるまで放置しておくわけにもいかず
やむを得ずステロイドを使って様子を見ることになりました。
誤差には悩まされますが(笑)測定器を買っておいてよかったです。

チロルちゃん脂肪腫でよかった…と言うと語弊があるかもしれませんが。
もう充分糖尿病でがんばっているし、あとは毎日おいしくごはんが
食べられることだけを考えて欲しいものですし。
ご心配いただきありがとうございます。
私は猫が趣味なのでがんばることは全く苦にならないのです(笑)

| Mapo | 2017/07/20 20:54 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT