ろびろびQ

家猫&外猫の日常♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

再手術から1年

2016年10月20日に二度目の手術(皮膚拡大切除手術)を受けて1年。

あれだけ広範囲に手術をしたにもかかわらず術後9ヶ月で再発してしまった
憎き肥満細胞腫。

201610月 術後ろび


その後、半ば匙を投げたようなかかりつけの方針に納得できず
セカンドオピニオンを経て辿り着いた分子標的薬パラディア
(有効成分トセラニブ←ワンコ用だが猫にも使える)の使用から早1ヶ月・・・

ろびの腫瘍は良くも悪くもならず一進一退といった状態だが
日々ミリ単位で成長しているのはたしか。

腫瘍が原因で腫れてしまった左腕も今や正常な右腕と比べて
人間の親指と小指くらい太さに差がある。

本ニャンがふくよかなせいか、あまり違和感はないのだけれど(^^;)


その右手が気になる
褒められているのか けなされているのか それが問題ら…


それでも毎週おとなしく診察を受けるろび

昨日の診察では左前脚の炎症を抑えるため服用しているステロイドのみ
量を1錠→半錠に減らして、このまま分子標的薬を続けることに。

(ステロイドの長期使用は筋肉を衰えさせたり肝臓に影響が出るため
劇的に効果が見られないのであれば少し減らしたほうが
ろびにとっても良いとの獣医師さんの判断です)



え?おやつ?(違うし)
体重は変わらず6.7kgだったじょYO!YO!

待合室で「(本当に)18歳なんですか?」って聞かれちまったYO!YO!

デブだけど300g足らずで保護したから間違いなく18歳なんだYO!YO!


・・・腫瘍の進行が少しでも抑えられますやうに。


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

超大型台風の接近に伴い我が家の外猫たちにも厳戒態勢が敷かれました。

まず一番心配なのが、ちょっと小降りになったからと外出して
再び雨に降られ帰って来られなくなるコチラの白黒い御方


ボクちゃん何も聞こえましぇん
ズビ

今朝、ごはん時に言い聞かせたら食後おとなしくベッドに入っていましたが…

最低一日1回は鼻をふかないとキミ、呼吸苦しくなるんだからね?
退屈かもしれないけど、ちゃんと物置にいてね?


続いてイレギュラーな行動が多いコチラの親子。

プチ「いかだを作ってその上に寝ていれば流されても大丈夫よきっと」
オトボケ親子
ボボン「うん、そうだな!」

流されるような場所で寝るんじゃなーーい!ヽ(`Д´)ノ


・・・っとに、頼むよホント。


*** ランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします ***
  

| ろびん(肥満細胞腫・糖尿病) | 10:57 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT